アヲハタに見る静かな巣篭もり消費の力

アヲハタといえば、さすがに普通に生活をしていれば一度や二度、いや、それ以上にそのブランドを目にした、中には日常的に使っている人も少なくないだろう。ジャムで有名なあのアヲハタだ。決して派手な企業ではないし、目新しい新商品や革新的な技術の進歩があるわけでもない。そんなアヲハタだが、中長期、という視点で見て、自分はコロナ禍の今こそロングを推奨している。重ねて言うが、派手な会社ではないし、目新しい情報や新製品があるわけではない。ではなぜか? 主力商品であるジャムは皆、パンを食べる際に日常的に使う商品で、巣篭もり消費と言われる昨今の中では、堅調な推移が見られる。そういう意味では、比較的手堅いそれなりの安定した銘柄を探す時に、ポートフォリオに加えることを検討するのは、全くやぶさかではない。あまり大量保有を勧めるものではないが、ある程度の量をロングで攻めて、中長期で持つのは一考の余地があると言えるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です