日本航空は買いか、売りか

日本航空、といえばみんな知っているだろう、あのJALのことだ。コロナで大打撃を食らった代表的な企業としても、今はネガティブなイメージで知られている。だが、それを除いても日の丸エアラインと揶揄される日本航空だ、今後を考えてロングで勝負を入れる個人投資家も多い。元々株主優待はJALの搭乗チケットなど、そういう意味でも人気のある銘柄には違いない。だが、現在のコロナ禍、そしてアフターコロナの時代を見据えても、日本航空はもはや以前のような活況、そして価値を見いだせなくなると自分は踏んでいる。実際に欧米では今もコロナの勢いは収まらず、日本は徐々にアフターコロナに移行しつつあるが、それでもこの病気はまだまだ続くことが見込まれる。年初来の安値を更新するかどうかと言われれば不透明だが、今は買う時期ではなく、これからも自分はおすすめできるものではない。ただ、空売りを大掛かりにかければ、それはそれで何らかのリバウンドで火傷をする可能性もあり、実に厄介だ。大型株、下がる要因の多い航空株という意味では魅力的に見えるが、ここは敢えて、違う銘柄を探りにいくよう諸氏にはおすすめする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA