これから伸びるかどうかは未知数、小僧寿し

プロルート丸光の記事を先程書いたが、小僧寿し、こちらも同じくらいの時期から伸びている。ただ、テンバガーのような激しい動きではなく、どちらかといえば3倍程度、と言ったところだ。それでも十分だと思われる諸氏も多いだろうが、そもそも小僧寿しという業種が今回伸びたのは、コロナ禍による、テイクアウトやデリバリーのフードサービスが増えていることにある。小僧寿しは正直言って、業績は振るわず、もはやその店舗を探すほうが難しい、という状態だ。そんな中で、ある意味コロナは確かに追い風になったことだろう。だが、小僧寿しを食べたことがある諸氏は私以外にもある程度いるのではないだろうか。正直言って……主観ではあるが、他の大手回転寿司チェーンとは比較にならない。ある意味比較するならば、各種スーパーだろう。もちろんスーパーのレベル程度ではあるのだが、それが強味だとは到底思えない。一時的なコロナの影響による業績の見通しが良くなったことにより、流動性の高さもあって、華やかに見えるだけ。プロルート丸光と同じく、正直言って小僧寿しも今後が分かりづらい銘柄だ。ここも買い、売り、共に手控える注意銘柄としたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA