アジュバンコスメジャパン、遠からず下落の匂い

このブログを読む諸氏には、男性が多いことだろう。もちろん女性もいるかも知れないが、そういう方はアジュバンコスメジャパンをご存知だろうか。主に美容室関連の業務用製品を取り扱っている、関西地盤の企業だ。基本的には高級品の取り扱いが多いが、美容室は現在飽和状態とも言われている。激戦となった美容業界に於いて、高級品を扱う……もちろんそういったニーズはあるだろうが、消費税増税や物価高に伴い、家計の紐は苦しくなっている。それに比例するかのように収益は下がっており、現在はマイナスだ。
にもかかわらず、株価は比較的高い1000円前後をキープしている。これは優待が単位の100辺り5000円の製品がもらえることから、個人のホルダーが多く、彼ら彼女らが手放さないことを意味している。だが、収益やその業界の将来を考えれば、この株価は危険水域と思うのは当然だろう。まだしばらく時間はかかるかも知れないが、確実に暴落は見えている。空売りで少し勝負を掛けるのは、悪くない選択肢だろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA