三菱UFJリース、シェアリングエコノミーの雄となるか

三菱UFJ銀行と言えば、もはや投資と無関係であったとしても、日本最大のメガバンクとして、もはや小学生ですら知っているであろう日本を代表する企業だ。正直なところ、リース会社というのは優良企業が多い。配当、財務状況なども含め、三菱UFJ以外にも銀行系や金融系を母体にしたものは多く、それ以外にしても軒並み良いと言えるだろう。そんな中で三菱UFJリースを推す理由だが、もちろんバックの母体が日本最大のメガバンクであり、財務状況が良いというのはあるし、配当についても他の企業と比べて良好と言える。それだけでも買うに値する理由ではあるが、価格が手ごろなので、新規に買う客の流入が見込める、という部分がある。また、値上がりの余地もあるというわけだ。もちろん、値上がりや新規の流入というのはそんな「なんとなく」で決まるものではないが、値頃感というのは大事だ。今からでも仕込みをしておけば、将来が楽しみとも言える、おすすめの銘柄だ。



No Responses to “三菱UFJリース、シェアリングエコノミーの雄となるか”




By submitting a comment here you grant 投資で1億!ネット収入を教えるブログ a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.

CAPTCHA