SDGsビジネスの旗手、ダイセキ

以前、うちの記事でSDGs銘柄の一種として、ある意味アンチテーゼかも知れないがコロナを紹介した。しかし、SDGsの柱としての脱炭素やエコロジーとしては、やはりリサイクルという点が挙げられるだろう。一方で、我々が生きている社会で、いざそうしたリサイクルの業者は? と言われたとき、例えば地域や自治体の廃品回収やゴミ収集業者などは思い浮かぶかも知れないが、大手企業というと名前が浮かばないだろう。当然だが、CMをバンバン打って、知名度のある企業と言える。そして、SDGsとはエコばかりではないため、人によっては様々な企業が思い浮かぶはずだ。しかし、今言ったようにリサイクル、エコロジーの大手大本命と言うと、ダイセキだ。リサイクル、産廃処理、さらに浄化処理まで、こうしたエコの専門プロフェッショナルであり、最大手の一社と言える。今後を考えると、徐々に値上がりをしていくことは明白だ。今は静かに、しかし確実に、仕込みをしていきたいイチオシの銘柄と言えるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です