鉄人化計画の復活

関東圏以外の方には、正直「カラオケの鉄人」と言われても、そういう名人でもいるのだろうか? と思われるのではないだろうか。だが、これはカラオケボックスチェーンのブランドであり、その運営を行っているのが上場企業、鉄人化計画だ。基本的にはカラオケの鉄人の運営を軸にした、どちらかと言えば小規模な企業と言える、だが、それだけにポストコロナを見越した今の値動きは熱くなっている。現状でも若干過熱気味、とも思えるが、株には過熱気味と思った時は、まだロケットの発射準備、ということは得てして見られることだ。実際にまだ第六波が来る……という不安の向きもあるだろうが、ワクチンは日を追って摂取が増え、現在は日本の国産ワクチンや飲み薬の開発も急ピッチで進んでいる。二の足を踏むのは確かに、慎重であることが投資には時に求められるが、うかうかしていては美味しい時期を逃してしまうことにもなる。ここはストロングバイ、そしてホールド一択をおすすめしたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です