長引くコロナの中に、将来を見据えた小僧寿し

小僧寿しについては、少し前に吹き上げがあり、投資家の間ではちょっとした話題の種になっていた。少し年配の諸氏であれば、小僧寿しといえば懐かしい思いを抱く人々も少なくないと思われる。だが、懐かしさと同時に思い出すのは、おそらく小僧寿しの味について、あまり美味しくなかった……という思い出ではなかろうか。実際、酢がきつく、現在の100円均一の回転寿司にも劣る寿司のクオリティは、はっきり言って競合の少なかった時代だから成り立ったビジネスモデルだ。そして、それは競合が増えるにつれて、株価が下がっていったことからも、如実に見て取ることができるだろう。だが、小僧寿しはまだ、倒産していない。しかも、一時は吹き上げを経験した。これは色々諸説あり、仕手にもてあそばれたと見る向きもあるし、それも原因の一つではあるだろう。だが、テイクアウト産業が活発化している今、小僧寿しには十分なチャンスがある。夢を見るならば、一度賭けてみるのも面白い銘柄といえるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です