極めて危うい、吉野家の株価

吉野家、押しも押されもせぬ牛丼屋としてはトップの上場株だろう。特に株主優待が手厚いこともあって、景気、不景気にあまり左右されない株価も魅力として、初心者向け投資ではほぼ必ずと言っていいほどピックアップされる銘柄だ。実際に人はよく知らない会社の株よりも、身近でよく知っている会社だからという、そんな理由で投資をすることも多い。それに、最近のコロナ禍ではテイクアウト需要も増えているというニュースもあり、吉野家は買いなのでは? という雰囲気も、ぱっと見ではあるだろう。だが、吉野家の財務を見れば、ボロボロなのがわかる。おまけに、少ないがあったはずの配当も現在は無配の状態だ。にもかかわらず値段はそれなりの高止まりをしている、というのが現状となっている。これは危うい。正直、売りを勧めるにはまだ少し早いが、最低限でも持っているのであれば、ここは処分をした上で様子をみた方がいい。買うとしてもまだ高い。もしこれから投資を始めようと思っている諸氏については、他の銘柄を捜すことをおすすめする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です